無駄ログ

主に千年戦争アイギスの無駄話とかです。

「思想」

 ゲームのプレイスタイルは宗教だと書きかけた、というか書いたのですが、より相応しい表現を見付けました。「ゲームのプレイスタイルは思想」です。そして、プレイの結果が生き様だと自分は思います。
 「人生は○ゲー」という表現、自分はあまり好きではありません。しかし、確固たるプレイスタイルを確立させ、それを貫けた時、逆に「神ゲーが人生」になるんじゃないかなぁと思います。
 思想を持つことは難しい。というより、思想を持とうと思って持つのは難しいものです。思想はある日突然、持っている。ある日突然、自分が思想を持っていることに気付くんじゃないかなと。
 そして、思想を貫くことは更に難しい。本当にこれでいいのだろうか。もっと楽にゲームできるんじゃないか(そんな方法は百も承知だ!!!)
 が、楽にゲームすることは果たして正しいと言えるのか。

 正しいかどうかはさておき、むしろ自分の思想に従って自分の思うままにプレイしてる方が楽なんじゃないかとも思います。ネットで調べて出てくる主流なプレイスタイルってすごく真面目な感じがするんですよ。それに従うのが苦痛。その方が最終的に楽になるもしくはゲーム上で有利になると分かっていても、今しんどいのは嫌だという感情が沸いてくるのです。
 例えるなら、「いくら後で楽だから今頑張って勉強しなさい」と言われても「うるせぇ!俺は今ゲームがしたいんじゃあ!!!!」と強硬な姿勢で一時の快楽を選びたくなるようなあの感じです。その結果大小あれどなんらかの破滅へ陥ったとしてもまぁ自業自得なんですけど。
 しかし、どうでしょう現実世界ならいざしらず、そこはゲーム、仮想、ファンタジー、お遊び。ゲームの中でくらい我を通してもやり切れるんじゃないかなっていうのが自分の思想かなぁと考えています。そして、この思想を貫き通していこうっていうのを一応の目標に掲げてみます。
 「よーし、じゃあ、自分の思うがままにプレイしちゃうぞぉ~!!!ぐへへ・・・俺の股間に響いたユニットしか育ててやらねぇ!!!」と意気込みながらアイギスのゲーム画面に向かう自分です。これからは何者にも縛られずにアイギスをプレイすると勝手に宣言した手前、さぞ自由を満喫していることでしょう。しかし、おや・・・

 「アカン・・・この神級☆3取られへん・・・」


 自分の思うがままにプレイしたところ、早速難題にぶち当たっているようです。しかし、これ難題だと思っているのは案外本人だけだったりします。このようなケースの場合、大抵はお行儀よく強力なユニット、便利なユニットを使えばすんなりクリアできてしまうものなのです。
 そうです。自分の思うがままにプレイするのは楽しいけど、貫くとなるとやはりしんどいものなのです。
 どうしてもぶつかる壁。まっすぐ進みたいのに迂回を余儀なくされたり、乗り越えることを強要されたり、それでも俺は直進や!!!と意気込んでも中々壊せない壁。意地をぶつけて壁を掘ろうとするけど、やっぱり、「アカン、もうムリ……」ってなってお行儀のいいセオリーに屈する(こっちの方が思想に従うより楽になる)。セオリーを否定して自分の思うがままにゲームをプレイするということは舗装された道があるのにわざわざ未開の茂みを進むようなものなのです。しかも、茂みからはっきりと道が見えているのです。これは完全に道の、舗装されたアスファルトの誘惑です。めっちゃ屈してしまいそうです。
 現に最近自分も屈しました。帝国大討伐で詰まって、それまでCCで止めてたミルノをスキル覚醒まで持っていきました。エイミーも未覚醒とはいえ使いました。何も言い分けできません。自分の完全敗北です。完璧にセオリーに屈しました。

 自分はこんな他人さんから見たらクッソしょうもないことに頭を悩ませながらゲームをプレイしています。いや、でもですね。本人的には結構重いテーマなんですよ。
 今後、何度屈しても自分の思想に従ったアイギスをしていくのか、はたまたセオリーに屈した転向アイギスに流されていくのか。これは暫く悩み続ける課題だと思っています。より正確にはプレイ中のふとした瞬間に脳を過り自分を苦しめていく課題だと思っています。