無駄ログ

主に千年戦争アイギスの無駄話とかです。

1.5倍来るらしいし育成計画

 どうも。タイトル通りそのままです。今後の(イベントの)予定の告知とかいう今までで一番役に立つ告知が来ましたね。しかも、7月下旬とか8月中とかある程度具体的な時期を明記しているのもとっても親切で好印象です。

 まぁ、このゲームはガチャをしなければそこまで(額的な意味で)課金を要求される訳ではないのですが。イベントを目前にして結晶が枯渇していてもぶっちゃけ結晶5000円分も買えば大抵のイベントはどうにかなってお釣りが来ます(多分3000円分くらいでもいける)。唯一例外があるとすれば俗に言う1.5倍で、これは明確なゴールがなくあくまで「どれくらいやるか」をプレイヤー自身で決める必要があります。それでも無謀なガチャよりかはよっぽど結晶対効果はいいのですが。

 というわけで、私は1.5倍については特に事前の計画が大事かなぁと考えている王子なのです。勿論、目に付くユニット片っ端から育てるとかいうマッチョな計画もアリっちゃアリです。私が属している友人間のコミュニティでも結構それないしそれに近い考えが主流なのですが、正直なところ私は付いていけないところがあるので計画立てます。繰り返しになりますが、今回1.5倍の時期を公式が明言したのはかなり親切です。

 


f:id:Lyttonblog:20170716144127j:image

 

 とりあえず、ざっくりばっくり上の画像のユニットを育てていこうというのが今回の初期計画です。特に金ユニの制定とかはかなり適当です。適当ですが、ストレイ君は是非覚醒させたいです。そして今回は第二覚醒も視野に入れておこうという算段でアルティアとジュノンも入れてみました。アルティアをピックアップできたのも例のお知らせの賜物です。

 選定理由としてはこの間に手に入った黒、白+気になってたイベユニ+そろそろ補完していきたい男金といったところでしょうか。この後は必要なオーブと覚醒素材を調べてカウント、そして大体どれくらいの資金が必要かを算出、育成面以外の1.5倍での立ち回りを計画しておくといった具合でしょうか。

 まぁ、元も子もないない部分ですが、これだけあれこれ無駄に考えて計画を練ってみても1.5倍週のリアルが忙しかったりすると水泡に帰すんですけどね。ヘトヘトに疲れて帰ってきてバタンキュー、アイギスどころじゃねぇ!っていう事態は割りとよくあります。

 実際、社会人王子の辛いところはこの辺りですね。ぶっちゃけ育成の為の結晶を買う金くらいはあるんですけど、それで買った結晶を使う時間がない。。。だから、私は無駄だと分かっていても計画を立てるですよ。それにほら、旅行とか計画立ててる時が一番ワクワク楽しかったりしません???

工場労働者とラブコメと青春

 『バカとテストと召喚獣』観てました。

先週1週間ですかね。たまたま日勤で1週間が終わり且つ残業もさほど発生しなかったので、帰宅後はアニメ観てました。AbemaTVですね。レオパレスのオプションに無料でくっついているヤツです。

 主に観ていたのは20:00~の枠で放送されていた『バカとテストと召喚獣』です。懐かしいですね。ちなみに数ある番組の中から『バカテス』を選んだ理由は、①ある程度の設定は知っている。②途中の回から観始めても話についていけそう(実際いけました)。とこの辺りです。特に②はAbemaTVで何かしらのアニメを観る際は重要ですね。

 初めてこの作品と出会ったのは中3の時ですね。選択授業というものがあって、そのクラス内で唯一自分が話せた友人から授業の合間に読ませて貰って、一冊借りて返して、それだけなのですが。

 それだけの事実しかないのですが、それがもう10年近くも前の話となると結構感慨深いものがありますね。この手の「2000年代後半が10年前〜」という話題は話題にする度に懐かしさと共にダメージを受けるのでもう止めます。

 ちなみに自分が生涯で読んだライトノベルはたったの二冊だったりして、一冊がコレ。もう一冊はまた別の友人が第一巻を買って「思ったより面白くてなかった」という理由で譲り受けた『俺の妹がこんなに可愛いワケがない』です。

 

で?『バカテス』面白かったの?

 さて、そんな『バカテス』のアニメですが、これは「普通に面白かった」という感想以外は出てこないですね。面白かったです。では、何故「普通に」とか付けるのか?

 元々、自分がAbemaTVを観る時というのはテレビを観るくらいしかやる事がなくて且つ地上波でロクな番組をやっていない時なので謂わば完全に暇潰し目的なワケです。そもそも初めから真面目に観ようと思っていなかったワケです。つまり、「暇潰しの一環として何となく観始めたら何か面白かった」という具合なのです。

 上記を踏まえてより正確に感想を表すなら、「何となく観始めたら何か日々の楽しみになっていた」といった感じです。実際「20時になったらバカテス観よう……」と帰宅後の予定を立てるようになっていました。なんだ、大絶賛じゃないか。

 はい、何故こういう感想が出てきたのかとザックリ分析するとやはり一番の理由はメインの登場人物に嫌なヤツ、観ていて不快になるキャラクターがいなかったからだと思います。日常っぽい学園モノのラブコメにおいてはコレは結構大事なコトだと思います。そういう意味ではこの作品のキャラはタイトル通り「いい意味でバカ」「愛すべきバカ」と言ったところでしょうか。

 

画面が眩しくて直視出来ないの……

 さて、このような高校生活を舞台にしたラブコメを観ると大抵の人が「あ~、こんな学校生活送りたかったなぁ~俺もなぁ~」ってなることだと思います。実際、自分はなりました。ならない人は本当に三次元の住人ですか?体に厚みありますか?

 冗談はさておき、送りたかったと書きましたが、恐らく高校生当時の自分が観ても「こんな高校生活めっちゃ羨ましい !!!」ってなったと思います。よくよく考えたらそうでもないのかもしれませんが、少なくとも一瞬はそう感じたと思います。しかし、この歳になるとよくよく考えることすらせず、ただただ目の前の枠の中に拡がる世界観に没頭するのみなのです。それほど、ラブコメアニメの世界と工場労働者の世界はかけ離れているのです。

 かけ離れ過ぎてて、最早羨ましいとかじゃなくて、登場人物の幸せを願い出すレベル(大きなお世話)だったりします。その上で画面の中の青春の画が眩しすぎて時折直視出来なかったのは

  1. 自分を取り巻く現実が(辛い辛くないは別として)灰色にくすんでいるからなのか
  2. 高校時代の自分ももう少し頑張っていれば、画面の中の青春に0.1%でも近付けたのではないかと後悔したからなのか
  3. 没頭していたとは言え、たまたま出会った1日1時間のアニメに生活上の救いを求めている自分がいることに気付いてしまったからなのか

 

 答えは出ません。個人的には2が有力ですけど。そうです。灰色の日々を送る社会人から見れば限りな青春してなかった高校時代も限りなくアニメの世界に近付いた時代だったのです。勿体ないことしたね。俺。

 戻らない日々に捧ぐ。

千年戦争アイギス近況報告会20170616

 1.5倍も終わったので、アイギスの近況報告という名の個人的なまとめです。

 

・汎用編成少し埋る

 先の神引きガチャで引いたアルティアを実用レベルまで育成できたので、例の汎用編成に組み込みました。代わりにリーゼ抜く説もあったのですが、地味にソルジャー(とアーマー)バフがあるので続投の方向で。特に魔耐5%付与は貴重かなぁと。

 しかし、アルティアと組むならゼノビアという感覚も得られたのでリーゼ⇔ゼノビア換装運用も視野に入れています。まぁ、このテの運用は次第に換えるのが面倒になってどちらかに偏重していく気もしますが。

 アルティアを得たことによってコスト厳しいマップ(最近の緊急ミッションではあまりありませんが)、特に聖霊神級の安定度が増しました。周回するマップになる以上安定性は重要です。

 今後は自分がアルティア慣れしていくことを目標にしていきます。具体的には初手でアルティアを探さないように並び位置を脊髄に記憶しておく……とかですね。

 

 ・ロリキャラを少し克服する

 はい。自分はどちらかというと幼女よりもお姉さんに惹かれる質でして。ことアイギスにおいてはロリキャラは基本的に認めていないスタンスです。ちなみにその最たる例はメ○○ルです。あまり言い過ぎると戦争を引き起こしてしまいそうなのでもう言いません。嫌いなキャラの事を語るより好きなキャラの事を語る方が楽しいもんね!

 が、「基本的」にということは例外もある訳で。まずは汎用編成にも入っているノエル。やっぱり、世の中金だよなぁ!後は……もうあんまりいねぇな……強いて言うならクレアちゃん?

 この二人に共通して言えることは自分の王子歴の初期に登用したユニットである点ですね。つまるところ、他に選択肢が無かったのでロリキャラでも採用するしかなかった訳です。あの頃は無課金且つそんなにガチャ回してなかったので余計にですね。

 しかし、今の自分は違います。周りの王子共と比べると大した額ではありませんが、課金しています。ガチャもまぁまぁ回しています。つまり、ユニット(キャラ)の選択肢が課金によって増えた訳です。

 そうなると、なるたけ好みのキャラで編成を埋めていきたいのが心情というもの。もっと本能的な言葉を使うとすればtnkってヤツです。勿論、その好みというのは見た目(グラフィック)だけを指すのではなく、性能とかキャラ設定とかも含みます。

 このtnkという概念に則って自分の好みのキャラの傾向を上げるとすれば、

  • 見た目.……断然お姉さん系。
  • 性能……露骨に壊れてないならまぁ……どちらかというと周りの王子王子が使ってないキャラとかが好きですね。
  • 設定……あまり気にしませんが、寝室積極的な方が好みっちゃ好みです。

 と、このような感じになります。まぁ、正直見た目以外は余り重視してません。つまるところお姉さんが大好きなだけなんです。

 さて、今回私は少しばかりロリキャラを克服したと書きました。ロリキャラを育てたのです。そいつの名はフィグネリア。先々月くらいのレジェチケでやって来たプラチナのウィッチです。

 正直言って見た目は全く惹かれませんでした。引いてとりあえず第三兵舎にぶちこむ程度には蔑視してました。そんなキャラを何故今回育てる気になったのか。

 簡単に言うとスキルが面白そうだったからです。覚醒スキルの話なんですけど、勝手に蔦を生やして敵を縛るとかめちゃくちゃ意味不明じゃないですか。蔦を生やす攻撃と言えばタクティクスオウガのエイクオブソーン野郎が(自分の中では)有名ですが、ルナティックソーン、ヤバいです。キテますね。

 何がって言えばやはり自動発動な点が面白い。勿論、点火の手間を省く(俗に言う放置)という真面目な利点もあります。ありますが、やはり「勝手に蔦生やすヤツ」という訳の分からなさにとても興味を持ちました。

 この事象、ようするにtnkという概念の中で見た目という第一優先条件に性能面という時点の優先条件が勝った瞬間でもあるんですね。勿論、それが永続的に性能>見た目というふうにはならないのですが。しかし、少なくともフィグネリアにおいては性能>見た目となりました。ついてはここに私は少しだけロリキャラを克服したと言えます。

 

この二点が今回の1.5倍の成果と言えるでしょうか。とはいえ、アルティアもフィグネリアもまだそこまで運用している訳ではないので、そういった意味ではまだ育成は完了していないのですが。これからしっかりと編成に入れて使い所と使い方を身に付けていこうという新たな目標を掲げて今回は締めていこうと思います。

「思想」

 ゲームのプレイスタイルは宗教だと書きかけた、というか書いたのですが、より相応しい表現を見付けました。「ゲームのプレイスタイルは思想」です。そして、プレイの結果が生き様だと自分は思います。
 「人生は○ゲー」という表現、自分はあまり好きではありません。しかし、確固たるプレイスタイルを確立させ、それを貫けた時、逆に「神ゲーが人生」になるんじゃないかなぁと思います。
 思想を持つことは難しい。というより、思想を持とうと思って持つのは難しいものです。思想はある日突然、持っている。ある日突然、自分が思想を持っていることに気付くんじゃないかなと。
 そして、思想を貫くことは更に難しい。本当にこれでいいのだろうか。もっと楽にゲームできるんじゃないか(そんな方法は百も承知だ!!!)
 が、楽にゲームすることは果たして正しいと言えるのか。

 正しいかどうかはさておき、むしろ自分の思想に従って自分の思うままにプレイしてる方が楽なんじゃないかとも思います。ネットで調べて出てくる主流なプレイスタイルってすごく真面目な感じがするんですよ。それに従うのが苦痛。その方が最終的に楽になるもしくはゲーム上で有利になると分かっていても、今しんどいのは嫌だという感情が沸いてくるのです。
 例えるなら、「いくら後で楽だから今頑張って勉強しなさい」と言われても「うるせぇ!俺は今ゲームがしたいんじゃあ!!!!」と強硬な姿勢で一時の快楽を選びたくなるようなあの感じです。その結果大小あれどなんらかの破滅へ陥ったとしてもまぁ自業自得なんですけど。
 しかし、どうでしょう現実世界ならいざしらず、そこはゲーム、仮想、ファンタジー、お遊び。ゲームの中でくらい我を通してもやり切れるんじゃないかなっていうのが自分の思想かなぁと考えています。そして、この思想を貫き通していこうっていうのを一応の目標に掲げてみます。
 「よーし、じゃあ、自分の思うがままにプレイしちゃうぞぉ~!!!ぐへへ・・・俺の股間に響いたユニットしか育ててやらねぇ!!!」と意気込みながらアイギスのゲーム画面に向かう自分です。これからは何者にも縛られずにアイギスをプレイすると勝手に宣言した手前、さぞ自由を満喫していることでしょう。しかし、おや・・・

 「アカン・・・この神級☆3取られへん・・・」


 自分の思うがままにプレイしたところ、早速難題にぶち当たっているようです。しかし、これ難題だと思っているのは案外本人だけだったりします。このようなケースの場合、大抵はお行儀よく強力なユニット、便利なユニットを使えばすんなりクリアできてしまうものなのです。
 そうです。自分の思うがままにプレイするのは楽しいけど、貫くとなるとやはりしんどいものなのです。
 どうしてもぶつかる壁。まっすぐ進みたいのに迂回を余儀なくされたり、乗り越えることを強要されたり、それでも俺は直進や!!!と意気込んでも中々壊せない壁。意地をぶつけて壁を掘ろうとするけど、やっぱり、「アカン、もうムリ……」ってなってお行儀のいいセオリーに屈する(こっちの方が思想に従うより楽になる)。セオリーを否定して自分の思うがままにゲームをプレイするということは舗装された道があるのにわざわざ未開の茂みを進むようなものなのです。しかも、茂みからはっきりと道が見えているのです。これは完全に道の、舗装されたアスファルトの誘惑です。めっちゃ屈してしまいそうです。
 現に最近自分も屈しました。帝国大討伐で詰まって、それまでCCで止めてたミルノをスキル覚醒まで持っていきました。エイミーも未覚醒とはいえ使いました。何も言い分けできません。自分の完全敗北です。完璧にセオリーに屈しました。

 自分はこんな他人さんから見たらクッソしょうもないことに頭を悩ませながらゲームをプレイしています。いや、でもですね。本人的には結構重いテーマなんですよ。
 今後、何度屈しても自分の思想に従ったアイギスをしていくのか、はたまたセオリーに屈した転向アイギスに流されていくのか。これは暫く悩み続ける課題だと思っています。より正確にはプレイ中のふとした瞬間に脳を過り自分を苦しめていく課題だと思っています。

そんなことより俺の編成を見てくれ

 少し前に、というか今でもたまに「汎用編成」という概念が仲間内で話題に挙がったりします。「汎用編成」とは、とにかく汎用性を第一に考えた編成のことで、つまるところどんなMAPにもある程度は対応していける編成のことを言います。「初見用編成」とほぼ同義と言えると思います。

 「汎用編成」を組むメリットは恐らく一々チームを組まなくてもいい(=時間の短縮)だと思います。もちろん汎用性しかなくてユニットのパワーがない場合だと、それはそれでただ単に平均レベルの弱い編成にしかならない訳ですが。

 そういう訳で度々話題に挙がる「汎用編成」、自分も組んでみました。ユニットの採用基準は「まぁ、どんな時でも編成に入ってるであろうユニット」です。

 

f:id:Lyttonblog:20170518204637p:plain

 

   編成が埋まらねぇッ!!!!

 ふざけている訳ではない。しかし、どんなMAPでも抜けないという点で見ると汎用編成に留まれるのはわずかこれだけだ。

 一応、以下個々のユニットが何故組み込まれているのか解説します・・・

・リーゼロッテ

 我が軍のソルジャー筆頭。クセのない性能。白の帝国という枠に囚 われない優秀な覚醒バフ。コスト産出係として汎用編成に欠くことはできない。

・マツリ

 黒ユニット感あふれる優秀な編成バフ、出し得の飛び道具、思い出したかのように軽減される出撃コスト。抜かない意味はないハズである。

・リンネ

 驚異的な射程距離、30%回避付与、身代わりトークン。彼女がいるだけで自軍の生前率がぐぐっと上がる。これらの能力によりプレイヤーがかなりアホでもゲームが成立する。ユーザー補助ってヤツさ!!!

・カミラ&サーリア

 リンネでは手が回らない習慣的な回復力を担当。カミラのベホマラーは便利の一言。サーリアはチートの一角。

 ・ナナリー

 初手ナナリーはネタの様に見えて最適解の時もある。遠距離敵も近付かれる前にクインタプルで始末すれば問題ねぇ。射程だって広いしね!

ジェシ

 念願のメイジアーマー。ファイアブリッツの稼働率が優秀。受け性能は最近の環境では一歩二歩劣る気がするが処理力の高さなら負けていない(誰に?)

・ノエル

 国軍運営、金が無ければ始まらない。軍資金を増やしつつ範囲火力としても働いてくれる有能なのじゃロリ。

 

 というわけで、優秀な上記メンバーですが流石に戦いは数を地で行く魔物の軍勢に対しては少々少数精鋭すぎるので弱点を補ったり、出てくる敵に合わせる形で15人まで編成埋めていっています。最早汎用性とは一体何だったのでしょうか?

 

 

始めました。

 始めました。こんにちは。主にDMMのタワーディフェンスゲーム「千年戦争アイギス」をプレイしている上で感じたこと、考えたことについてダラダラと文字を並べていきたいと思っています。

 「千年戦争アイギス」についての説明は「DMMGAMESで提供されているタワーディフェンスゲーム、多様なキャラクタ(ユニット)を育てて遊ぶ」とこの程度にしておきたいと思います(自分が今更長々と紹介する意味もないし、またできないので)

 一応、リンクを貼るくらいはしておきます。興味を持たれた方はぜひ。

 

千年戦争アイギス - オンラインゲーム - DMM GAMES

 

 次にこれまでの自分の王子遍歴について(このゲームではプレイヤーのことを王子と呼びます)、クッソどうでもいい自分語りが続きますが、自分としても一度整理しておきたかったので・・・ご了承下さい。

 王子歴は約2年。本格的に始めたのが2015年の6月くらいだったと記憶しています。アイギスを知ったのはそれよりちょっと前で2014年の秋くらいだったと思います。友人間のコミュニティでプレイしている人がいて、彼のプレイ画面を見せてもらったのが始まりでした。ちなみにその時当時コミュニティで主にプレイされていたのは艦これだったのですが。とりあえず、アイギスを始めるだけ始めました。そして時が流れ、コミュニティ内で艦これが飽きられていく流れの中で自分も本格的にアイギスのプレイを始めた次第です。

 現在は育成もほどほどに攻略もほどほどにプレイを続けています。プレイスタイルはtnk重視、微課金(去年の夏頃までは無課金でした)といったところですね。攻略状況は通常のイベントは全ステージクリア、魔神はレベル5まで、大討伐はMAPとの相性とモチベーション次第ですね。ここまで読んだところで「あ、このコイツ俺のアイギスライフにとって何一つ利にならねーな」と思った貴方は非常に賢明な方です。引き下がらない貴方は何一つ期待することなくクッソ適当なアイギスプレイの断片をご覧になっていって下さい。